翻訳の仕事が増えるかなくなるのかを検証してみました。

翻訳の仕事が増えるかなくなるのかを検証してみました。

AIの進化が進んで翻訳する必要がなくなるという記事を目にする機会も多いかと思います。そうすると今更翻訳なんて儲かるのかとそもそもの疑問を持つ方もいらっしゃるはずです。

実際の現場では本当はどうなっているのでしょうか?翻訳者の需要は増えているそれとも必要がなくなっている?色々と調べてみた結果をここでまとめておきたいと思います。

GTA公式HPへ

AIに翻訳作業は奪われるは本当?

誰でも今は利用したことのある翻訳サイトで有名なところはグーグルが提供しているサービスのグーグル翻訳でしょう。

これは利用したこともある方も多いのではないでしょうか?

肝心の精度もそんなに悪くなく英文を入れれば、日本語に訳してくれますし、逆に英文をいれれば日本語に訳してくれます。

さらに加速的に精度がよくなってくるので、翻訳の仕事なんていらなくなるのじゃないかと思われる方も当然いるでしょう。でも少し考えてください。

翻訳サイトで訳した日本語って意味はわかりますけど、何か違和感ありませんか?

それもそのはず、まだ翻訳サイトでは微妙なニュアンスだったり、言い回しが苦手とされています。精度は高いですが、最終的には人間の手が必要となります。

翻訳サイトではビジネスでは使えない。

翻訳するということは正しく英語を伝えることになります。そうすると言い回しはともかくニュアンスが違ってしまうのは致命的だと言わざるおえません。

翻訳では抜け漏れが許されないので、翻訳者の需要は減ることはないでしょう。

むしろグローバル化が進むにつれ、必要とされるようになるはずです。

基本的に英文でレポートを作成することになりますからね。

そうなるとやはり専門的な知識を持った翻訳家が相変わらず必要となってくるのではないでしょうか?

翻訳サイトと翻訳家の棲み分け

翻訳サイトでも何となくわかるというのは利用者にとって圧倒的なネイティブな言語の場合、補完して上手く自分で訳すことも出来ますが、どちらかが偏っている場合は意思の疎通がやっとのレベルと言えるでしょう。

これでも十分な進化ですが、まだこれをビジネスに活かせるかというと難しいところです。しかもさらに細かい専門分野になってくると翻訳サイトでは全く役に立たないということになります。

何十年後は流石にどう進歩しているかわかりませんが、今の段階では何となく意思の疎通が出来ればいいレベルとちゃんとした意思の疎通という棲み分けが出来ていると言えます。

GTA公式HPへ TOPページを見る